書家の写真2 ∞ 八戸香太郎

NYと札幌から配信中。ホームページは kotarohatch.com

線トレー常に線を鍛えておく




スポーツ選手が筋トレするように、私の場合は常に線を鍛えておかないといけない。
しかし、だからといってそれをしたから作品が良くなるわけでもない。作品の出来不出来と線トレは全くといって良い程関係ない。職人の技術とは目指す所が違う。筋肉隆々の選手が必ずしも良いプレーが出来るわけではないのと同じ理屈だ。ビルダーにはビルダーの、短距離には短距離の、野球には野球の筋肉がある。筋繊維をつける場所も違えば質も違う。目的が違うから当然である。



そういえば先日10年連続200安打!!の偉業を達成したイチローはインタビューで、筋トレはしないのか、という質問に対し「無駄な筋肉は邪魔になるだけ」と答えていた。とはいえ、イチローが痩せているかといえば無論そうではない。しなやかな筋肉の鎧がついている。怪我をしない筋肉、柔らかい筋肉、弾力のある筋肉。要は自分のパフォーマンスに適したものを自覚しているという事だろう。



頂上が明確に見えているからそこに向けて努力できる。目指すべきゴールのイメージがはっきりしているからこそ、逆算的に自分の足りないものを自覚出来るのだ。あてずっぽうな努力は意味がない。というか効率が悪い。しかしそれを分かるためにはただただ無鉄砲に努力する時間が必要だ。そこがスタートラインになるからである。



そういう意味では闇雲な努力が必要な時期もあるだろう。しかし勢いだけでは頂上に辿り着けない。それが現実だ。標高500mの小山だったら登れるかもしれないが、エベレストは確実に無理だろう。登頂する為には、充分なトレーニングに必要な装備、シュミレーション、サポートスタッフ、スポンサーなど様々な準備がいる。全くアートも同じである。



だから今は山を登る為の準備をあらゆる方向からしていかないとダメだ。地図は持っているか、その地図は最新か、登山の知識は充分か、パーティは組めているか、ガイドは雇ったか、高山病対策は充分か、体調はどうか、体力はあるか。気合いは充実しているか。今はまだ一合目にも辿り着いていない。



それ以前に、自分の登るべき山の頂がいったい標高何メートルなのかも分かりはしない。一生辿り着けないかもしれない暗闇の山。恐らく吹雪いているだろう。ビビる。ただし、登らないという選択肢はどうやら無いようだ。だから安心できる用意を周到にして、ゆっくり一歩づつ進む。

トレーニングとは目的ではなくて、自分を少しだけ安心させてくれるものなのかもしれない。経験は安心になり、結果が出やすくなる。結果がひとつ出ると自信に繋がる。自信がつくとまた次の目標に向かいやすくなる。それぐらいの事だ。江戸の侍だって一生に一回使うか使わないか、いや使わない人の方が多かったであろう、刀を研いでいた。錆びてしまった刀は鞘から抜く事すら出来ないからだ。だからせめて研いでおく。いつか抜くかもしれないその日まで。。


↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ





photo by kotarohachino - -
0

    メモ



    大体頼まれた言葉とか気になった言葉は小さく書いてメモとして貼っておく。
    結局自分にとって一番楽な筆記用具が和紙と筆と墨。
    なぜならその時の気持ちや抱いたイメージなんかも詳細にメモできるから。
    文字のかたちや線の太さ、書く早さなんかをみるとわかる。

    そういう意味で伝える力が他の筆記用具より少し大きいような気がする。
    だから、連絡はほとんどメールだけど、手紙は未だに筆で書く。その方が楽。

    使っている時間で道具の利便性は変わるって事かもかもしれない。
    パソコン使わない人にとってそれがタダの箱のように。

    アプリでスケジュール管理する事も未だにできない。
    結局予定は手帳に書き込む。



    ボールペンは嫌い。線に抑揚がでない。でも最近はゲルインクのがある。
    あの書き味はなかなか良い。日本でしか売ってないから帰国した時はいつもまとめ買い。
    和紙の柔らかさも好きだけど、洋紙の堅さも好き。だから手帳は使い易さというよりは書き味で選ぶ。結果もう何年もMoleskine。

    http://www.moleskine.co.jp/

    何のためにメモをするのか。

    忘れない為というよりは痕跡を残したいが為。
    残したからといって何になるものでもないが、せめて一筋の軌跡を残したい。


    ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
    にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

    photo by kotarohachino - -
    0

      人生は、、

      大振りでいかなきゃ!



      ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
      にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
      photo by kotarohachino - -
      0

        お久しぶりです。



        最近Twitterにかまけて、さっぱりブログを更新してませんでしたw
        写真もiPhoneからツイッターにリアルタイムでアップ出来るので、つい楽な方に。。
        しかも、もう少しで写真専用のサイトが立ち上がるので、益々ブログの立ち位置があやふやに。。

        でも書きたい事はまだまだたくさんあるので、これからもゆっくりやっていきます。
        まったり宜しく!

        ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
        にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
        photo by kotarohachino - -
        0

          大阪でのグループ展のお知らせ

          いやーW杯、日本が勝って嬉しいですね!初出場した98年にはたまらずサッカーやってる弟とフランスまで観に行きましたが、あれから12年か。。

          カメルーンはチーム内のゴタゴタからまだ建て直せていないみたい。出来が悪すぎました。エトオが完全に前線で孤立、長友がよく押さえたのもあります。本田ワントップには異論も多いわけですが、超リアリスト岡ちゃんの作戦が当たったという事でしょうか。しかも誰が特別良いという事ではなく、全員が戦ってました。この特徴の無さが逆に日本の特徴なのかもしれません。敢えて個人名を出すなら、その中でも松井と川島がキレてたかな、と。

          何はともあれ、ここでの勝ち点3はデカイです。しかしオランダVSデンマーク戦も観ましたが、相変わらず恐ろしい破壊力。オランダ。。ガクガクブルブル これにロッベンが合流したら攻撃力は32参加チームの中でも間違いなくトップクラスですね。かなりジリ貧で凌ぐ試合になるでしょう。デンマーク戦は高さ勝負になるので闘莉王と中澤が頑張ってほしい所。

          あ、前置きが長くなりました。
          というかグループ展のお知らせなのですw

          2010年6月15日〜6月20日

          『No Man’s Land』

          Hirotaka Ichikawa, Ryohei Obata and Kotaro Hachinohe.
          市川裕隆・小畑亮平・八戸香太郎

          会場:SoHo art gallery
          住所:大阪市天王寺区生玉町9-18
          連絡先:06-4394-7456
          会期:午後12時から7時まで(6月20日のみ午後5時まで)
          クロージングパーティー:6.19[Sat]17:00〜

          例によって私は会場にはいません。今回もスカイプ経由で搬入しましたw 汗ひとつかいてませんが、日本時間に合わせるために午前4時から4時間近く頑張ったという事で、他のメンバーには勘弁してもらうつもりです。一緒に出品している市川さんは鉛筆の超絶技巧を駆使した作品で、画面から透明感を感じます。非常に繊細です。小畑さんは独特の手法でオイルパステルを使い、マチエールが惑星の表面のような雰囲気を醸し出しています。今回はこのお二方のお誘いで出品する事になりました。

          あとギャラリーオーナーのCelioさんはカナダ人なんですが、何故か大阪でギャラリーをしてます。お互い歳が近いのと、場所は違えど、同じ「ガイジン」として暮らす身なので共通の悩みやジレンマがあって良く話します。見た目はおっさんです。しかもかなり長く住んでるのに日本語が一向に上手くなりませんw

          というわけで、大阪近郊の方、是非お越し下さいー。

          SoHo art gallery





          ******今月はW杯だし、NBAの決勝もエラい事になってるので、全く仕事になりませんw******

          ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
          にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


          photo by kotarohachino - -
          0

            あー焼酎が飲みたい。というわけで題字書きした焼酎が銀座三越で。。



            焼酎ロックが美味い季節になってきた。

            というわけで題字を書かせてもらった、鹿児島・大石酒造さんの芋焼酎「鶴見」と「莫祢氏(あくねし)」が銀座三越にて限定発売中です。

            この二つの銘柄は、歴史も長いので焼酎好きの人には広く知られているけど、今回は兜釜蒸留という製法でつくられた限定生産品だそう。ジュルル。。

            東京近郊の方、是非!
            私は次回の帰国までお預けですw

            6月16日まで。
            銀座三越地下二階、和洋酒売り場

            大石酒造






            ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
            にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ




            photo by kotarohachino - -
            0

              母という漢字の点々の意味

              今日は「母の日」でした。アメリカにもMother's Dayはあります。
              皆さん、何か贈ってますか?私は毎年違う花を送ってます。送ってない人はこんな小話でもしてあげたらいいんじゃないでしょうか。

              この「母」という文字。囲いの中に点が2つありますよね。これが何を意味しているか分かりますか?

              何、分からん?そもそも意味なんかあるのかって?

              いやいや、漢字てのは良く出来ていて、それぞれ意味があるわけです。さすが何千年も生き残ってきた文化だけの事はあります。

              しかし「母」という文字を語る為にはまず「女」という文字を知らなければなりません。
              そう、お母さんだって昔は女だったのよww

              昔々「女」という文字はこんな形でした。女の人がひざまずいている姿ですね。



              そこから今使っている「女」の形になっていくわけです。一番古い種類の文字はカメの甲羅とかに傷を付けて書いた甲骨文字ってやつです。多分社会科の教科書に出てるかと。

              その「女」もやがて成長します。で「母」になるわけです。お母さんになったら何をするか?掃除洗濯炊事?いやいや、子供におっぱいをあげるのが仕事です。

              で、この文字。女の人がひざまずき乳房を出している姿、それが「母」なのです。



              どうでしょう?「母」の中にある点々が実は乳首だったなんて驚愕の事実!
              これから「母」という文字を書く時には点々にも力が入りますね!?

              入らんかww

              とにかく「女」という文字と「母」という文字は同じ種類だって事は分かると思います。

              では最後にクイズ。

              この文字は何でしょう?



              「女」と「子」で女子供!?いやいやお母さんが子供を抱き上げている姿です。分かりますよね。ハオハオ。

              ではこれは?



              この流れでいくと簡単かな。答えは気が向いたら書きますー。

              「母の日」の食卓用のコネタでした。。
              一部表現が下世話なのでその辺は適当にオブラードに包んで頂ければと思います。
              あ、うちの母ちゃんもこのブログ見てるんだったww ま、いいっか。


              ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
              にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ







              photo by kotarohachino - -
              0

                虎穴に入らずんば、虎子を得ず

                いきなりですが歯医者って嫌ですよねぇ。あのドリルのウィーン!を聞くだけで逃げたくなります。でも日本にいる時は必ず歯の治療をしておかないと後で大変な事になりかねません。保険ないし。。

                しかし世話になっている地元の歯医者さんは歳も近くて腕も良いので安心です。やっぱり行きつけがあると気持ち的に楽。滞在中のこっちのむちゃくちゃなスケジュールにも融通を利かせてくれるし。「今週中に何とかしてくれ」みたいな。この前もばっちりケアしてもらいました。

                新札幌いった歯科

                で、その院長先生が寅年の年男という事もあり、御礼に何か書こうしてるわけですが、やっぱストレートに「寅」にしようかと思案中。横には「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」を入れてみました。そこは新しい治療法とか器具にも研究熱心だし、やっぱチャレンジ無くして成功なしって事で。

                そんでこれがサンプル。まだ出来上がってないけど。





                どの書体でいくかも悩み中。





                うーん、どうしようかな。

                実は待ち合い室にひとつ頼まれているんだけど、こちらは作品のシリーズで行くつもり。インテリアに合うはず。





                クラシックな書道の方はがっつり古典的にした方が良いかな、と。という話をスタジオでしてたら「これってなんて言う文字?」と近くのアーティストに聞かれたので「虎。もとい寅。b.見たらTIgerぽいでしょ。」などと漢字の歴史を講釈してたら「なんか面白そう。つーか書道教えろよ」という話になり、最近また教え出しました。やたらアーティストとかデザイナーが多すぎる変な書道教室になってます。たまになんで良いんですけど。

                しかし彼らはさすがに飲み込みが10倍くらい早いね。やっぱバランス感覚なのか。

                こうなってくるとセンスというものを感じずにはいられない。かと言って美しく書く為にはセンスではなく反復。しかも正しいゴールに向かっての反復が一番の早道です。その正しいゴールを見つける為には美しいものを観る反復。「アートが分からん」という人に限って何も観ていないパターンです。その点彼らは美しいものをたくさん観て、そして作ってきているのでそこが違うんだろうなと思いました。眼が違う。ポイントをみてる。

                あと興味ね。好奇心がハンパないのでそれも近道なんでしょう。観る教育については再三言っているけど、日本の学校教育では全く無視されているのでセンスの育ち様がありません。好奇心は持って生まれたものかも知れませんね。あるいは幼児期、第一次成長期の家庭環境にかなり左右されると思います。

                久々に教え出した事で逆に発見が多いこの頃。今年はこんな感じで蓄える年かもしれない。ま、これもひとつのチャレンジです。


                ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ











                http://shinsapporo-itta-dental.com/
                photo by kotarohachino - -
                0

                  いくつのプロジェクトを同時に進行させられるか。

                  新しいプロジェクトをいくつか試行錯誤してると、段々今日は何をやる日だったか分からなくなってくる。プロジェクト同士の要素が混ざってしまって良く分からない方向になっていたり、お互いのプロジェクトの雰囲気が引っ張り合って動かなくなってしまったり。偶発的にそれで結果良しみたいな事もあるにはあるけど、やはり偶然のホームラン狙いは打率が悪すぎる。そんな時間も資金もない。

                  器用な人はいくつも抱えて週ごとに区切ったり時間ごとに区切ったりしてるけど、会社の組織として動いてるわけじゃないからねぇ。誰に頼まれたわけでもないし。

                  結果を出さないと全てが無駄だった、というか、プロジェクトそのものが最初から無かった事にされる。まぁ、そう思われても仕方ないでしょう。自分の中では失敗する事は確かな蓄積でも評価する側からしたらそんな事はどうでも良いので。百億回素振りしたって公式試合で打たなきゃバット忘れて来たレベルと同じ事になってしまう理屈です。ウワズミだけで判断されるのが常。

                  でも意外と何年も前のプロジェクトがひょんな事から生き返る時もあるから、やっぱりある程度の量は絶えずストックしておくべきだとも思う。

                  さて、今年は何%くらい作品として成立するまで持っていけるのかな。


                  ↓↓↓例えば映像と絡ませてみたサンプル。ここから映像を掘り下げて行く予定だったけど、ショーケース自体が無くなってしまったのでボツっぽい。。こんな風に世に出られない可哀想な奴がいっぱいありすぎる〜。せめて趣味的なブログにだけでも。。







                  ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                  にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ



                  photo by kotarohachino - -
                  0

                    春眠暁を覚えず。。



                    いやー、気が付いたら春だってのに冬眠してました。
                    というわけでも無いのだけど、久しぶりのブログ更新です。。

                    アメリカでは9月が新学期ですが、日本で育ったものとしてはやはり4月が何だか新しいスタートのような気分になります。今年はいくつか新しいプロジェクトもあるので上手く対応していきたい所。やっと引っ越して諸々が済んだ先はスタジオと家が一緒なので起きて2秒で仕事開始!というわけで寝起きの一筆でした。


                    出会いと別れの季節、日本は桜満開ですかー!




                    しかし、、




                    春ですな。。



                    ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                    にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
                    photo by kotarohachino - -
                    0
                      1 / 4 >>

                      このページの先頭へ