書家の写真2 ∞ 八戸香太郎

NYと札幌から配信中。ホームページは kotarohatch.com

3cmだったのに、もう3kg。

はじめて会ったのは君が3cmだった時でした。
次に会ったらもう3kgでした。びっくりです。
でも今度会ったらもう60cmは越えてるでしょうね。
だから君が90kgくらいになるまで写真を取ろうと思います。
よろ。

というわけで、以前のエントリー(CategoriesのStreet Linesの中にあります)でも書いていた友人の子供と会ってきたわけですが、親でもないのに新生児から追っかける機会なんてそうないですし、もし私がそれまで生きていたら、彼が20歳くらいになるまで撮り続けていこうと思っています。で、3cm時代に「命名書」を書くって約束したんで、約束通り書いてきました↓↓↓


(Y父撮影)

さて、天気も良い事だしNYに戻りましょう。



さらばコービー、また会う日まで!






、、と思ったら乗り換え地のデンバーで1時間半スタック。。原因はこれ。






吹雪じゃん。。人生やっぱり予定通りにはいきませんね。だから常に必死です。さっきまでの浜辺は夢か幻か。あぁ、やっぱりNYも寒いよね。。だから常に熱くいきたいと思ってます。


↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ







photo by kotarohachino - -
0

    Inside.-LA Dodgers-

    面白い写真は諸事情の為アップ出来ませんが、問題無い範囲で球場の中を。
    汗臭い感じが「プロの仕事場」って雰囲気を醸し出しています。


    デスク。


    ファンレターボックス。


    オフィス。


    ロッカールーム。


    スパイクの汚れを落とすブラシ。


    滑り止めのヤニ。


    ボール。


    プロが尊敬するプロ。


    息抜き。

    LA Dodgers


    ***閑話休題***
    さて、オーナー夫婦の泥沼訴訟を乗り越えて来シーズンはどうなるでしょうか。私は諸事情により隠れドジャースファンなので心配です。(熱狂的なNYヤンキースファンな友達には内緒です。)オーナーの離婚問題でチーム運営がガタガタなんて、選手やスタッフはやってられませんよね。さっさと誰かに売って決着した方が良いと思いますが、泥沼だけにまだまだ時間がかかりそうです。

    そういや今スポーツ界の話題といえばタイガーウッズの「プライベートはOBだらけ」問題ですが、リアルタイムで報道を見ていた所、最初のニュースでは自宅近くでウッズが事故ったので奥さんがゴルフクラブでドアのガラスを割って救出した、という話でした。その時は飲酒運転疑惑もありましたが「自宅にゴルフクラブがたくさんあって良かったね」なんて話していた所、何でも話は逆で、夫婦喧嘩中に奥さんがゴルフクラブで襲ってきて、逃げるためにあわてて車を発信して事故ったとの報道。

    相変わらず適当なマスコミですが、その後出るわ出るわの愛人疑惑。1人から3人の報道になった時は「ウッズ、トリプルボギー」なんてタイトルをつけていましたが、現在は9人くらいリストに挙ってる模様。つーかプライベートのトラブルを面白がる報道って世界共通で、人間の下品な野次馬根性が全開になる瞬間でもあります。日本のマスコミはすべてゴシップ紙とワイドショー、まともな報道なんて無いし、そんなものあっても誰も観ない、ってあるTV関係者が言っていましたが、全くその通りで、アメリカも一緒です。そのような需要と供給の関係は民度を反映する鏡に他なりません。

    違うのは新聞の傾向やニュース番組によって性格がかなり異なるという点。そればっかりニュースにしている新聞もあれば、ほとんど触れていない新聞もあるわけで、日本だとほとんど新聞やTVも含めて全ての報道機関が同じネタを同じくらいのボリュームで扱っているから、それがむしろ不思議です。個々の主義主張が無いに等しいなら、テレビなんか経営が苦しいみたいだし、NHKと民放一局くらいにしたら良いんじゃないかと。ま、TVは10年以上持っていないし、ペーパーベースの新聞も取っていない私にはどうでも良すぎる話ですが。。

    ちなみにニューヨークタイムスは殆ど全ての記事をインターネットで読めるので大変重宝してます。新聞の中に動画やニュースの読み上げ機能なんかが盛り込まれているハイブリッドな感じで、情報の吸収力が文字と写真だけの新聞より、そしてダラダラと垂れ流されるTVより、効率的だと思います。

    ニューヨークタイムス

    ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
    にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ






    photo by kotarohachino - -
    0

      主がいない。

      誰もいない球場は不思議な雰囲気だ。でも寂しい感じはしない。
      何か、来るべき日に備えてじっと待っている、そんな風格を持っていた。
      空気がどっしりしている。これが歴史という事か。
      両国国技館を撮ってみたいと思った。














      ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
      にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
      photo by kotarohachino - -
      0

        昼から哲学

        とあるレストラン。


        客とオーナーと大声で話している。どうやらオーナーが人生のコツを聞いているようだ。老人の客は答える「俺は92年やってきたけど、結局はバランスよ。バランス良くやってきたわけよ。ははは。」人生におけるバランスとは!?何て濃いトークをしているんでしょう。昼間から哲学を語り合ってます。。

        とある時間。


        その事についてぼんやり考える。結局バランスを取っていると思ってるのは自分だけで、他人から見るとそんな事は分からない。というかどうでも良い。しかし自分の心の中で本当にそう思えているかどうかはキーポイントになってくるはずだ。ただ、本当にそう思えているか、という問いは、つまり自分の心との会話によって導かれていく。そこで客観的とか主観的とか、そういったいい加減な言葉は自分を惑わせるだけ。実際客観的なんて事はあり得ない。全部主観の言い方を変えただけだと思う。それをいかにも「客観的な意見。それは自分だけの意見じゃない、皆の意見、社会的常識。」みたいに使うのはただの責任逃れでしかない。なぜなら、じゃ客観的って何?誰の客観?て事になった時、もし仮にそれがあったとしても、それは誰かの主観でしかないわけだから。そういった言葉で濁して自分で責任を取らない人が多すぎるんじゃないか、などとぼんやり考える黄昏時。特にまとまりもなく、そしてまとめようとも思わないけど、夕焼けが私に考えさせた時間は、それはそれで何かの意味があるんじゃないかと思う。客観的にみてww



        ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
        にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
        photo by kotarohachino - -
        0

          We want tacos!! -LA Lakers編-

          というわけでバスケ繋がりでLakersの試合を。ええ、もちろんNew York Knicksファンの友達には内緒です。

          高校1年生の時初めてポートランドでNBAを観ました。衝撃でした。

          その時観戦したのはポートランドブレイザーズ対ユタジャズ。テレビで観るより皆デカいし、そのくせ速いし、飛ぶし、ウマいし。こりゃダメだ、と。勝負にならないと。。それで黒人にも白人にも勝つ策として書道という道を選択したかどうかは分かりませんが、こんな仕事をしているおかげもあり、試合前日にお願いしたのにも関わらず、取ってもらったチケットはゴリコネのプレミアムシートでラッキー!


          ダウンタウンにあるステープルセンター。


          選手紹介。やっぱ資金力があるチームは派手。


          コービーも健在です。MVPコールが鳴り止みません。


          試合前はセレモニーやイベントがあるものですが、そこは前年度のチャンピオンチーム。イベントの仕掛けも相当凝ってます。北海道レラカムイ頑張れ。。というか日本のバスケもうちょっと何とかなってくれ。。


          試合はまぁ、相手がホーネッツだし、しかもクリス・ポールが怪我で出ていないので、順等に言ってレイカーズが負ける事はないと。。


          予想通りレイカーズペースで試合は進みます。コービーはまぁまぁだったけど、それよりフィッシャーがすげぇキレてる。Derek Lamar Fisherについてはこちらのwikiを。娘の治療のために年棒を下げてまでLAに戻って来たフィッシャー。NBA選手会長の35歳頑張ってます!


          大体勝敗の行方が決まってくると次の観客の話題は何点失点するか、という点に移っていきます。そこでこの歌、というか掛け声。「We want Tacos」タコスが欲しいぜ、って事で相手を100点以下に抑えた場合、スポンサーのJack in the boxから無料タコス券がもらえるんですね!別にタコスがそんなに食べたいわけでもないけど、やたら盛り上がって声を出してました。だって残り4.8秒で99点です。あと一点でも取られたらタコスがぁー。


          パーン!試合が終わりました!で、、


          見事タコス券ゲット!イェイ!!

          誰かが動画を上げています。大体こんな感じ↓↓


          NBAに限らずアメリカのスポーツ産業はエンターテイメントとしてかなりのポテンシャルを未だに持っています。いろんな仕掛けをして行く事で観客を飽きさせない努力をしています。もちろんスポンサーを取ってくる能力もあります。総じてまだまだスポーツ産業は健在だと思いました。日本はジリ貧なんで、もうすこしファンが喜んで飽きない仕掛けを作っていくべきでしょう。ファンが盛り上がらないと→観客が来ない→グッズも売れない→スポンサー撤退→チーム経営圧迫→選手年棒下がる→プレイの質下がる→ファン離れ(元に戻ってループ)という流れになってしまわないようにしないと。あとTVの放映権だけで何とかしようってのも無理だと思います。もうTVの時代はとっくに終わってるので。

          ま、なんだかんだ言ってNBAは今年も熱い!

          LOS ANGELES LAKERS


          ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
          にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ











          photo by kotarohachino - -
          0

            Hey, wanna 1on1 ?

            というわけでカリフォルニアの天気に負けないくらいノーテンキな日々ですが、、頼まれ写真や頼まれ一筆をこなしつつ、夜は今年中に終わらせるべき書類の山を登山中です。だって気が付いたらもう師走。気が付かなかったってもう12月。つまり2009年は既にカウントダウンを始めているわけで。。



            しかし基本的にはまったりホリデー。そして休日と言えばやっぱり、コレ。



            やっぱりバスケ。結局12歳からずっとバスケバカ。だからどこに行っても何故かバスケットシューズだけは友人宅に保管されています。の、はずです。関係者の皆さん>>すんません。。ちょっと記憶を辿ってみると、今はNY/LA/London/上海/京都/札幌のような気がします。他の場所で私のシューズを保管してくれている方、ご一報の上どうかそのままでお願い致します。。

            NYのホームコートは極寒の為シーズンオフになってしまいましたが、何せNBAはシーズンが始まったばかり。自然とテンションも上がります。その点LAは一年中外のコートでプレイ出来るので羨ましい限りです。

            ↓↓へぃ、俺と勝負してみるかい?てなもんです。



            ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
            にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

            photo by kotarohachino - -
            0

              じゅんばん

              「ねー、僕のじゅんばんまだぁ?」



              さて、彼は何を待っているでしょう。





              正解はコチラ。



              あかちゃんのだっこでしたー。
              というわけで友人の子供Y君誕生です。

              イエィイ!!




              ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
              にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ



              photo by kotarohachino - -
              0

                Thanksgiving Day

                さて、LAに着きましたがカリフォルニアは相変わらず天気が良いようで。。



                Thanksgiving Dayというのは、イギリスからマサチューセッツに初めて入植してきた人達が厳しい冬を越えられない状況だった時、インディアンに助けれて生き延びる事が出来たので、それを感謝し、お祝いにした日。

                、、なわけないじゃん。実際はもっともっと現実的ですよ。侵略なんですから。でもそんな事を今更言ってみても何もはじまらないのは誰もが知っている事。歴史は歴史です。それ以上でもそれ以下でもない。

                何せ、とあるアメリカ人に「Thanksgiving Dayて何に感謝する日なの?」って聞いても「仕事が休みになって家族と会って、ターキー食べてサンクスって事かな」とか言う始末ですから。基本的に皆実家に帰る休日なので日本で言う所のお盆みたいな感じですかね。しかしお盆がもはや宗教的意味合いを持っていないのと同じで、サンクスギビングも今では普通に休日です。ハロウィンだって「何の日?」と聞いたら「決まってるじゃん。コスプレの日だよ!」て答えるくらいですからねぇ。もはやそんな時代です。でも楽しく過ごすのは大事ですよね。歴史学者じゃないんだし。



                というわけでターキーはクセがあるのでチキンを焼いて食べました。ひとつの食べ物を皆で分け合う事に意味があるような気がします。日本だと鍋とかお節とかそうですよね。



                久々にコロッケも食べました。コロッケがこんなにウマいなんて。。

                さすがに空港は実家に帰る人で大混雑だったわけですが、乗り継ぎ地のデンバーに向かう飛行機の中で隣の席だったドレッドで黒人のおばあさんが「どこに行くの?」と聞いてきたので「LAですよ。友達に子供が産まれたのでね、お祝いしに行くんです。」て答えたら「まぁ素晴らしいじゃない!あぁ、あなたはLAが実家なのね。私は逆にコロラドの孫に会いに行くのよ。」と上機嫌でした。そうか、皆家族に会いにいくんだからな。話の流れ的に俺の地元はLAという事になるわけか。微妙に話がかみ合ってないんだけど、ま、初めてアメリカで仕事したのはLAだったし、世話になってる人も多いし、愛着がある土地だからあながち間違いでもないか。。という事で特に否定もしませんでした。だっておばあさん、うきうきなんだもの。やたら楽しそうに話してくるし。ホントは前日徹夜で作業してたから一刻も早く爆睡したかったんだけど、まぁ、つきあいますよ。こっちまで自然と笑顔になるしね。そういう休日もいいじゃない。孫の為に大量のおもちゃとお菓子買ってさ、幸せそうでしたよ。そこ、大事だと思います。

                こちらは着いてから早速皆でプールに入ったり、


                オセロなんかをしましたとさ。


                Happy Thanksgiving Day〜!!


                ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
                photo by kotarohachino - -
                0

                  季節は順番に来るものだと思ってました。



                  季節は順番に来るものだと思ってました。
                  でも夏→冬→秋→夏→冬という事もあるんですね。

                  内訳:
                  日本の夏→ニューヨークの夏→ブエノスアイレスの冬→ニューヨークの秋→ブエノスアイレスの夏→ニューヨークの冬→ロスの冬、だけど温かい。←いまココ

                  何か体の調子が良くないような気がするのは気のせいだと思うけど、何故かしっくりこない。
                  そういや、アパートでは豚インフル騒ぎもあったしね。同じ時期に寝不足で風邪気味だったからてっきりやられたと思ったけど、熱はそんなに無かったし、結局掛かってたのかどうかすら分からず終い。というわけでアパート内監禁封鎖で他のルームメイトへの感染は防げました。タミフルすごい効くみたい。しかしタミフルがtamifluだと今更ながら知った。そりゃfluの薬なんだからそうなんだけど、 カタカナだど「フル」なので、てっきりfullか何かだと思ってた。。それなら「タミフルぅ」じゃんとも思ったが、何だかそれだと効きそうにない。担当者がそこまで考えて厚生省に翻訳バージョンを申請したとは到底思えないけど、結果的には強そうなネーミングだ。結果オーライだ。

                  というわけで諸々のメンドクサイ事は出来るだけ考えずに、LAではまったりと行こうかと思います。ハッピーサンクスギビング〜!

                  ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                  にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
                  photo by kotarohachino - -
                  0

                    LACMA (Los Angeles County Museum of Art)



                    LAのカウンティが運営している、LACMAという巨大な美術館。日本語ではロサンゼルス郡立美術館!?



                    何故かいままで訪ねる機会がなかったのですが、今回ちょいと時間があったので何かと世話になっているMORI SUSHIのKさんに連れていってもらいました。ここはミシュランのスターを持つ店ですが、そんな事より純粋に江戸前寿司が美味いです。値段も味相応にすると思いますが、必ず満足できるでしょう。と偉そうに言った所で私は値段を知らないのですが。。すまぬ、とは思ってるんですがね。いつも思ってるだけなんですww

                    とにかくLAは車がないとどうにもならないので、いつも移動に困ります。常に誰かに電話してどこかの店や人の家に迎えに来てもらっているのですが、そろそろレンタカーでもしないといけませんね。ここでも人に迷惑を掛けまくってる様子が伺えます。ま、笑って許して。



                    LACMAはミュージアムといっても一つの建物ではありません。時代や地域によっていくつかの建物に分かれています。何故か日本館もあります。企画展よりもコレクションが充実しまくっててびっくりしました。モダン以降のアートは買いまくってる印象です。さすがLAカウンティ、ハリウッドマネーなのか莫大な寄付なのか、がっつり予算がついているようです。当然美術館もどこかから美術品を買ってコレクションを集めているわけですが、Andy WarholRoy Lichtenstein周辺の充実ぶりは特に必見です。もちろん18世紀ぐらいのヨーロッパ絵画などもたくさんあります。



                    電燈電燈電燈。



                    電灯電灯電灯電灯伝統。




                    LACMA (Los Angeles County Museum of Art)

                    というわけでLAでの企画の会議と書類関係も進んできました。でもまだまだペーパーワークが山のよう。登らねば環境を整えられません。それにしても、ちょっと2時間くらい時間が出来たときに「どこか行きたい所は?」とリクエストを聞かれてハッとしたのですが、思いつく場所がギャラリーや美術館だけだったのには自分でもびっくりしました。いつしか悩みもリフレッシュも全部アートになっていたのです。だからリサーチするタイプでもコンテンポラリーアーティストでもないのにやたらといろんなジャンルのアートを観ているわけですね。ストレスとストレス解消が同じというのは危うい気もしますが、今の所はそれが自然なようです。




                    ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                    にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


                    photo by kotarohachino - -
                    0
                      1 / 2 >>

                      このページの先頭へ