書家の写真2 ∞ 八戸香太郎

NYと札幌から配信中。ホームページは kotarohatch.com

オフィスアート

何故か一年分のブログ記事が消えてしまい、やる気が失せましたが、何とか元気です。
人生いろいろありますが、何とか今日も生きています。
またもっさりゆっくりめげずに更新していこうと思います。

さて、いきなりですが、、

お世話になってる歯医者さんのオフィスの壁を塗ってます。左利きなので下塗りは左手で。。



で、落書きします。書く時は右手で。。



文字を書きます。「虎」。診療時間が終ってから、朝の診療が始まるまでの間。失敗できない一夜限りの真剣勝負。



完成!怪獣みたいな象形文字。部屋の色に合わせ、目を赤に。画竜点睛の如く。ゲンカツギの意味も込めて。



オフィスアートという事で、新しく出来たオフィスにドカンと書きましたが、来客は最初びっくりするかもしれません。。なぜ歯医者の壁に書!?いえいえ、医療とアートは深い関係なのです。

この壁は一年に一回、また白く塗りつぶし、その年のテーマに合わせ書き換えていく予定です。企業の歩みと共に壁も成長させていく。それはそれで、ちょっとした楽しみではないでしょうか。

なぜ「虎」かというと、諸々のストーリーがあるのですが、気になる方は歯の治療ついでに、院長先生まで聞いてみてください。札幌ですが。。

何と年中無休、365日診てくれます。ありがたや。。
歯痛は平日にやってくる、とは限りませんからね!

新札幌いった歯科





photo by kotarohachino - -
0

    札幌デザインウィークイベント in ICC 『前回のおさらい』

    札幌の皆様へ

    10月29日に札幌デザインウィークという催しがあるのですが、その中のひとつのイベントとして「ICC縁日」というイベントを開催します。ライブとかワークショップとかアーティストトークとか、パフォーマンスとか綱引きとか。。入場無料ー。

    会場はICC(インタークロス・クリエイティブ・センター)
    北海道札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12. TEL 011-817-8911

    その告知と私の記事が14日の北海道新聞朝刊に掲載される予定です。北海道新聞を取っている方は要チェック!

    ちなみに前回のアーティストトークの内容をおさらい。。






    前回の告知内容と写真
    http://www.icc-jp.com/ja/2010/02/000789.php




    前回のラジオ放送の模様
    http://www.icc-jp.com/icc_cafe/2010/03/000869.php

    今回もFM82.5 North waveで喋ります。放送は10月24日(日曜日)午後5時15分から!


    「故郷に何かスパイスを」と思い立ち、勝手に地元を盛り上げる計画を初めてから1年、まだかたちにはなってませんが、10年計画で進めていきます。まずは土臭い事をやっていこうかなと。なんせ開拓民の子孫なんでね。その辺は得意なはずですw


    ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
    にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


    photo by kotarohachino - -
    0

      飛生アートキャンプ02

      アートキャンプなので食べるだけじゃなくてワークショプもしなきゃ!

      という事で水鉄砲で遊ぶ事にしました。子供もたくさん来てるしね。



      会場は畑!皆真っ白いTシャツに着替えます。



      なぜなら、ただ打ち合うだけじゃ面白くない。そこで、、



      色でチーム分けしてゲームが始まるのです。

      撃ち合います!



      撃ち合いまくります!



      大人も子供も関係ねぇー!



      というわけで撃ち合ったTシャツは一旦回収し、ロゴをシルクスクリーンで刷った後参加者に返します。



      同じ材料でみんな違う模様。夏の想い出。



      そして戦いを終えたソルジャー。




      夏はまだまだ続く。。



      ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
      にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ










      photo by kotarohachino - -
      0

        飛生アートキャンプ01

        さて、夏休み一時帰国@札幌

        夏休みといえばキャンプ。という事でキャンプです。
        といってもテントを張るわけじゃなく、ここは廃校になった小学校です。
        札幌から車で1〜2時間行った所にある、白老という町です。



        だから体育館でBBQが出来たりします。



        ホタテを焼いたり、、



        ラムを焼いたり。。



        やっぱりバスケしたり。。



        懐かしい木造校舎の廊下。



        ここは飛生アートコミュニティというスペースで、、



        彫刻家・国松希根太のアトリエでもあります。



        ここは作品を制作したり、教室を自分ギャラリーにしたり、アーティストにとっては天国のような所。冬は相当厳しいみたいだけど。。

        Kineta Kunimatsu

        制作場所が無いと悩んでるアーティストが相当数いる事を考えたら素晴らしいスペースだと思います。北海道には場所がある。だからアーティストにとっては住み易い場所だと思う。材料も豊富。食べ物も美味い。生活費は安い。でもアートへの理解、アーティストへのリスペクトはありません。だからアウトプットをどうするか。そこを考えないといけない。それは何も北海道だけじゃなく日本全体の大きな問題。何せ日本にはアートマーケットが皆無。だからアーティスト主導で何かアクションを起こさないといけない。今回はその為の戦略を地元アーティストで集まって話し合っていきます。

        という理由で毎日飲んでますw

        さて、、三日酔いを覚ますためにこれからバスケに行くか。。アルコールを汗で飛ばすのだー。

        ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
        にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


        photo by kotarohachino - -
        0

          そういや雛祭り


          しかし日本人はイベントが好きだ。正月に始まり節分やひな祭り、端午の節句や七夕もある。
          これならまだ節目という気分になるし、伝統行事と言えなくもない。しかしバレンタインデーやらクリスマス、最近はハロウェンまであるのはどうなんだ!?そのうちサンクスギビングまでやったりして。。

          もはやお祝いするというよりは無理矢理休日とかイベントをつくってるみたい。ゴールデンウィークどころかシルバーウィークなんてのも存在するみたいだし。だったら夏と冬の好きな時期に3週間ずつホリデーを取るシステムにすれば渋滞だって減るだろうに、なぜか皆同じ時期に休日を過ごさないといけないからレジャー施設やホテル側にとっても効率が悪い。旅行会社はここぞとばかりにあり得ないくらいのマージンを吹っかけてくるし、双方にとって有益では無いような気がする。

          でも祭りでどんちゃん騒ぎでもしないとこのご時世やってんらんない、というのはわかる。盛り上がっていかないとダメなもんがもっとダメになる。テンションアゲアゲでいくべし!



          それにしても実家のひな人形は小さい時からあるからもう30年くらいは経ってるはずなのに未だに現役です。。一年に一回しか引っ張り出されないけど、全く年を取ってないのがすごいわ。いや、実は髪の毛とか少し伸びてたりしてww

          ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
          にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
          photo by kotarohachino - -
          0

            東京→大阪→広島→大阪→京都→神戸→札幌→東京→名古屋→大阪→東京


            最後は東京で甘いものでも食って。。


            しかしハイチに続いて今度はチリですか。大変すぎます。。


            それでも東京は相変わらず人がいっぱいで。。

            東京→大阪→広島→大阪→京都→神戸→札幌→東京→名古屋→大阪→東京→NY

            御世話になった皆さん、ありがとうございました。新しく会った皆さん、宜しくお願いします。
            ではまたお会いましょう!


            ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
            にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

            photo by kotarohachino - -
            0

              何かと話題の愛知。

              フィギュアスケートの浅田真央選手やトヨタのリコールなどで何かと話題な愛知。
              アートでも話題をつくろうと、今年はあいちトリエンナーレが開催されます。

              そのプレイベントの展覧会に友達が出品しているというので寄ってきました。東京から大阪までの間、途中下車でGO!





              愛知芸術文化センター。すげー立派な芸術複合施設です。



              この作品が以前一緒にストレイテナーというバンドのPVを一緒につくった、くろやなぎてっぺい氏のやつ。ちょっと上手すぎた感もあるけど、コンセプトは相変わらずおもしろい!

              詳しくはコチラ。



              全体のコンセプトは若手のアーティスト発掘、みたいなテイストだったので、出品者のクオリティに幅はあるものの、予算が潤沢だからなのか、そこそこのアベレージには持っていけていたと思う。



              さて、この展覧会はもう終わっていますが「あいちトリエンナーレ」は夏から秋まで開催されますので、どうぞ。しかし日本では「ビエンナーレ」「トリエンナーレ」のラッシュですな。ブームというか。。しかしベネチアビエンナーレは50回以上、つまり100年以上やっているから価値があるわけで、第2回目で予算がつかず終了ー、みたいな日本のやり方はどうかと思う。100年後とまではいかないまでも、せめて10年後まで見据えて計画を練っているのだろうか。

              その辺の目先だけ見てる感じはアートだけじゃなく、政治や経済、スポーツなど、すべての業界に共通しているかもしれない。逆にポジティブな捉え方をすれば、日本文化の根本には「祭り文化」があるわけで、こういった祭りを行う事で人やお金が集まり、地方が活性化していく可能性も十分にある。みんな基本的にお祭り大好きなので。

              要はやり方なんだろうけど、お願いだから中途半端でつまんない事はしないで欲しい。というのは札幌で来年同じような事が企画されているもので。。期待を込めてあえて苦言。

              あいちトリエンナーレ

              ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
              にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


              photo by kotarohachino - -
              0

                最後はラーメン〆

                今回も札幌滞在中はラーメン食べまくり。いろいろ食っても結局ラーメンに戻るという、これぞソウルフードなわけです。



                いかにも、な店内。



                いかにも、なラーメン。



                でもこの内装からどんぶり一つまで、すべて計算ずくだとしたら!?

                「ラーメンなチープな雰囲気じゃないと美味くない」という哲学で徹底的に作り込んだ店主・石水孝治さん、麺命の人です。確かにいまどきのオサレで清潔なラーメン屋って入る気になんないんだよな。ぬるっとした床の方が良い。というわけで場末のラーメン屋を演出するラーメン屋さんでした。

                餃子と麺 いせのじょう
                札幌市白石区菊水1条1丁目3−1菊水会館1階
                011−832−6870

                とういうわけで日本滞在も終盤に差し掛かり、ホントは東京だけのはずが急遽予定が変更になり、札幌→東京→名古屋→大阪→東京になりました。

                ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
                photo by kotarohachino - -
                0

                  上海摩登

                  というわけで北海道に帰省しておりますが、札幌は雪まつりで賑わっています。
                  外国人観光客多し。そしてなぜか道聞かれる事多し。

                  でも私は「スイマセンー」とか「アノー」とか言ってこないと親切にはなりません。
                  「Excuse me」などと当たり前の如く話しかけられるとイラッと来るのでね。
                  日本語で話しかけろ、ここは日本だぞ、と。

                  それは言語が出来る出来ないの話じゃなくて、相手の国や文化や人々に対しての礼儀の話です。コミュニケーションはお互いがリスペクトし合って始めて通じ合うわけですから。私も挨拶だけは絶対その国の言葉でします。それが基本だと思います。



                  で、そんなわけで、文化交流をしている展覧会が札幌で開催されています。
                  ディレクターは上海でアートディレクションをしている鳥本健太氏。道産子のバスケ仲間です。そんなわけで札幌近郊の方、よろしく。

                  以下、コピペ。


                  上海摩登 SHANGHAI MODERN – 中国現代美術展

                  Office339はこの度、上海を中心に活躍する8人の中国現代美術作家の展覧会「上海摩登 SHANGHAI MODERN」を開催いたします。

                  2009年6月に上海にて開催した、北海道在住アーティスト11名によるグループ展「雪国の華」以来、私達は現代アートという切り口から北海道と中国を結び、両地域において多角的に価値を創造していく取り組みを進めてきました。

                  北海道札幌で開催される今回の展覧会では、北海道では初めて大々的に中国の現代アートを紹介する機会となります。

                  参加作家の多くは1960年代に生まれであり、文化大革命を初め90年代後半の激動の中国の変遷を体験してきました。彼らの表現の中から隣国中国の息遣いを、また上海万博を目前に控えた上海のエネルギーを多くの方に感じ取っていただけると幸いです。

                  アーティスト: 陈墙Chen Qiang、薛松 Xue Song、丁乙 Ding Yi、潘微 Pan Wei、李磊 Li Lei、曲丰国 Qui Fengguo、黄渊青Huang Yuanqing、金阳平 Jing Yangping

                  期間:2010年02月06日 – 2010年02月20日 ※会場により時間・定休日が異なります。

                  会場:CAI02、GALLERY門馬
                  CAI02 13:00-23:00(日曜・祝日休館)
                   札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル地下2階 011-802-6438
                  GALLERY門馬 11:00-18:00(月曜休館) 
                   札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38 011-562-1055

                  主催: 上海札幌現代美術展実行委員会
                  共催: CAI現代芸術研究所、Gallery門馬
                  企画: Office339


                  ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                  にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
                  photo by kotarohachino - -
                  0

                    吉田神社で節分詣


                    去年も行きましたが、懐かしの吉田神社に節分詣してきました。



                    初詣もしていなかったのでちょうど良いタイミング。というか節分ですから、こちらが本来の新年の節目なわけです。



                    でもその中身は。。



                    お祭りですー。



                    テキ屋のフルコース。最近の屋台は実にたくさん種類があります。



                    鮎を焼いていたり、



                    マグロの串焼きがあったり、



                    干物が山盛りだったりします。



                    金魚は寒そうでしたが。。



                    「鬼は外〜」用の福豆を買うと福クジが付いていて、商品が当たったりします。お年玉な感じです。北海道旅行当たったら帰省の飛行機代浮くなー。



                    でも、もちろんお参りもしますよ。
                    ここの大元宮という場所は室町時代に創建されて重要文化財にもなっていますが、全国の神様をまつっています。でもなぜか北海道と沖縄の神様はいません。。日本じゃないって事か!?

                    ま、とにかくここが節分詣の発祥の神社なので、由緒あるお参りなわけですが、、

                    やっぱり気になるのはこれ。





                    あかんやろ、これは。


                    そろそろお祭りも次の段階に行かないといかんよね、と思います。
                    せっかくお参りにいくのに、これじゃ神様も守ってくれんやろ。
                    運営する側も参拝側も意識レベルを変えたい所。
                    賽銭投げて神頼み、じゃなくて出来る事はしましょうよ、って事です。
                    そしたらもっとお祭りが楽しくなるなー。

                    ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                    にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ















                    photo by kotarohachino - -
                    0
                      1 / 4 >>

                      このページの先頭へ