書家の写真2 ∞ 八戸香太郎

NYと札幌から配信中。ホームページは kotarohatch.com



NY戻りました。やっぱまだ寒いなー。春遠し。

雑談ですが、数字の「8」が末広がりとか縁起が良いとか、そんな事は日本人なら説明しなくても何となく理解できますよね。でもそれがラッキーナンバーだという事を当然ながら外国人は知らない。私の場合は名字にある数字だし、名刺やら携帯やらパソコンやら、いたる所に「8」と書いてあったり、8シールを貼っているので聞かれる事も多いわけです。

「なぜに8?」

今日も飛行時の中でパソコン仕事をしていたら隣に座ってたアメリカ人に聞かれました。素朴な疑問だと思います。で、説明はするんですが、真面目に説明していると「なんで俺、こんなどうでも良い事を必死になって喋ってるんだろう?」ていう気分になってきます。

どうでも良い事に対していかに真剣になれるか。冷静に自分を見つめれば見つめる程、くすって笑えてきます。そんな事ってありませんか?

When it comes to the number 8, the Japanese culture calls it lucky because of the shape of the Kanji. This is what the Kanji letter for the number 8 looks like.

When you observe it, you should see that the two strokes are wider at the bottom. This suggests a better time or better things to come in the future!

日本の数字におけるイメージにはほとんど意味がありません。「4」が何となく「死」とか、反対に「44」は「幸せ」とか、語呂合わせのようなレベルです。だから「8」にも西欧における「13」のような宗教的意味合いは無いわけですが、数字というただ単純に序列を決める為のものに新しい意味やそれ以上の意味を付けたがる風習はどこの文化圏にも見られます。

多分世界中のラッキーナンバーを集めたらだいたいの数字はラッキーになるだろうから、そうしたら皆ハッピーになるんじゃないかと思う。どの月、どの日にちでも大安的なラッキーハッピーなカレンダーとか誰かつくらんかな。適当だけど、例えば「10月26日の10と26はコンゴとトルコでは大吉祥の数字です。今日のあなたの運勢は最高です!」みたいな。毎日大吉って事にしたら少しは閉塞感も減るかもしれない。ま、逆もまた然りなんですが。。むしろどの日もアンラッキーな呪いカレンダーの方が興味湧くなww

↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
photo by kotarohachino - -
0
    << 東京→大阪→広島→大阪→京都→神戸→札幌→東京→名古屋→大阪→東京 | main | そういや雛祭り >>









    http://blog2.kotarohatch.com/trackback/1357583

    このページの先頭へ