書家の写真2 ∞ 八戸香太郎

NYと札幌から配信中。ホームページは kotarohatch.com

飛生アートキャンプ01

さて、夏休み一時帰国@札幌

夏休みといえばキャンプ。という事でキャンプです。
といってもテントを張るわけじゃなく、ここは廃校になった小学校です。
札幌から車で1〜2時間行った所にある、白老という町です。



だから体育館でBBQが出来たりします。



ホタテを焼いたり、、



ラムを焼いたり。。



やっぱりバスケしたり。。



懐かしい木造校舎の廊下。



ここは飛生アートコミュニティというスペースで、、



彫刻家・国松希根太のアトリエでもあります。



ここは作品を制作したり、教室を自分ギャラリーにしたり、アーティストにとっては天国のような所。冬は相当厳しいみたいだけど。。

Kineta Kunimatsu

制作場所が無いと悩んでるアーティストが相当数いる事を考えたら素晴らしいスペースだと思います。北海道には場所がある。だからアーティストにとっては住み易い場所だと思う。材料も豊富。食べ物も美味い。生活費は安い。でもアートへの理解、アーティストへのリスペクトはありません。だからアウトプットをどうするか。そこを考えないといけない。それは何も北海道だけじゃなく日本全体の大きな問題。何せ日本にはアートマーケットが皆無。だからアーティスト主導で何かアクションを起こさないといけない。今回はその為の戦略を地元アーティストで集まって話し合っていきます。

という理由で毎日飲んでますw

さて、、三日酔いを覚ますためにこれからバスケに行くか。。アルコールを汗で飛ばすのだー。

↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


photo by kotarohachino - -
0
    << 色即ぜねれいしょんbyみうらじゅん | main | 飛生アートキャンプ02 >>









    http://blog2.kotarohatch.com/trackback/1403330

    このページの先頭へ