書家の写真2 ∞ 八戸香太郎

NYと札幌から配信中。ホームページは kotarohatch.com

DanceDanceDance01

写真を整理してたらダンスを撮ったものが出てきた。

普段は基本的に2D作品(平面)ばかり観ているし、自分でつくるのも平面なので、3D(彫刻)の作品を観るのは苦手だけど、身体表現は写真鑑賞の次に好きだ。それも型がはっきりしているクラシックバレエより自由度の高いコンテポラリーダンスが好き。クラシックよりジャズが好きなのと似てるかもしれない。クラシックは理論だし数学だと思う。一方インプロのジャズは呼吸だ。

自由に動くダンサー、というよりも音に反応しているダンサーの体は本当に美しい。そしてその動きが私には文字に見えて仕方がない。どうしても、あ、いま「木」だったとか、「ん」になったとか、そんな見方になる。

だから写真を撮っていても恐らく、写真のセオリーからは外れているんだと思う。自分にとって写真は書道なのだ。だから自然と縦構図が多くなる。半紙に近いアスペクト比なので親しんでいるからだと思う。。








↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
photo by kotarohachino - -
0
    << 線トレー常に線を鍛えておく | main | DanceDanceDance02 >>









    http://blog2.kotarohatch.com/trackback/1424355

    このページの先頭へ